ビギナーからはじめる海外不動産投資|投資を成功させるコツとは

効率的な不動産管理方法

スタッフ

アパートやマンション経営を行う上で、賃貸管理業務は入居者募集業務と同じぐらい重要な業務です。しかし、賃貸管理業務は非常に手間隙がかかる業務であるため、こうした業務を外部の代行業者にアウトソースする不動産オーナーは多いです。

この記事を読む

個人で行うには難易度高い

集合住宅

海外投資は敷居が高い

不動産需要が高いのは経済成長が発展していることと、人口が増加している地域で成功しやすくなります。日本では経済成長こそありますが、人口は減少しており、不動産投資の需要は長期的に減少する見込みです。そのため、不動産投資の新しいターゲットとして海外不動産投資が注目されています。しかし個人で海外不動産投資を行うにはリスクが高すぎるのが現状です。為替や、法律や税制などその国独自のルールに基づき行わなければならず日本国内と勝手が異なることと、海外では土地勘がなく駅に近いなど立地も日本と同様とは限りません。現在海外の不動産投資を身近に利用できるのは投資信託の海外リートですが、専門の運用会社であっても苦戦しているのが現状なのです。

外国人が日本に注目

逆に海外不動産投資として外国人が日本の不動産を注目しています。日本の人口は減少しているものの、大都市に限っては人口が増加しています。しかもアベノミクス効果もあり日本の経済発展率は高く、外国人投資家にとって日本は絶好のターゲットになっているのです。アジア都市の不動産投資見通しランキングで東京オリンピックを控えた東京が第一位になるなど海外の投資家から海外不動産投資としての脚光を浴びているのです。インドネシアやシンガポールなど経済発展が高い国でも外貨の持ち出し禁止規制など経済的な縛りがあるなど外国人の投資に向きにくい国も多数あります。その点東京では金利が低いなど購入しやすいメリットや規制が弱く外国人が参入しやすい環境があるのです。

不動産ビジネス

マンション

収益物件について考える時は、様々な傾向について考える必要もあります。より利便性が高くなる大阪のような地域の収益物件は、より人気となる傾向もあります。不動産ビジネスをする上で様々な傾向を知ることは、とても大切なこととなります。

この記事を読む

転勤者のマイホームを活用

物件

リロケーションは転勤等でマイホームが留守宅になる間、オーナーに代わって管理を行うサービスです。期間限定の賃貸住宅として活用すれば、家賃収入を得ることで家計を助けることができます。管理業務もすべて一任することが可能です。

この記事を読む